生活お役立ちサイト

生活お役立ちサイト

暮らしに役立つ気になる情報を紹介いたします。

生活お役立ちサイト
Pocket
LINEで送る

自分の適正体重を知りメタボ体質を脱却して、生活習慣病を予防しよう

2017年07月03日 [ メタボ体質 健康 生活習慣病 適正体重 ]
Pocket
LINEで送る

Photo by (c)Tomo.Yun

 

適正体重を管理して健康維持をはかる

 

体重は、健康を維持する上で

非常に重要です。

統計的に健康を維持するために

最適な適正体重があります。

 

自分の適正体重はどのくらいか

知っておくことが大切です。

自分の適正体重を調べて太り過ぎたり、

やせ過ぎたりしないように、体重の

維持管理をするようにしましょう。

 

【自分の適正体重の出し方】

[計算式]
適正体重= (身長m×身長m)×22

[BMI(体格指数)]
BMI= 体重kg ÷ (身長m×身長m)

 

【適正BMIの範囲】

年齢     BMI(kg÷m×m)
18~49歳    18.5~24.9
50~69歳    20.0~24.9
70歳以上    21.5~24.9

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

 

■やせ過ぎによる影響

免疫力の低下により

病気に罹り易くなります。

極端に痩せると

拒食症になることがあります。

 

女性は骨量が減少し、

低体重児の出産リスクが

高まります。

 

■太り過ぎ(メタボ体質)による影響

太り過ぎは、糖尿病・癌や循環器系疾患

(心臓病・高血圧・高脂血症など)の

リスクが高まります。

 

自分の適正体重を知りメタボ体質を脱却して、生活習慣病を予防しよう

メタボ体質にならない様にするには



 

メタボ体質の人は、

糖尿病や循環器系の病気、

心筋梗塞や脳梗塞、癌になる

リスクが高まります。

 

BMI25以上の人は

肥満体質(メタボ体質)ですから、

必要以上に食事を

摂り過ぎていないか、

自分の食習慣を見直して、

体重の減量に心がけましょう。

 

肉や魚中心の食事がでしたら、

肉や魚を減らして野菜を多く摂る

野菜中心の食事に切り替えて、

間食や外食を控えましょう。

一日の食事をバランスのとれた食事で

出来るだけ標準的な食事の量を

食べるようにします。

 

【日本肥満学会の判定基準(成人)

BMI指標           判    定
18.5未満         低体重(痩せ型)
———————————————————
18.5~25未満   標準体重
——————————————————–
25~30未満         肥満(1度)
30~35未満   高度肥満(2度)要減量治療
35~40未満   高度肥満(3度)要減量治療
40以上      高度肥満(4度)要減量治療

 

BMI指数が22の時が、統計的に

最も病気になりにくくなります。

BMI指数が25以上になると肥満で、

BMI指数が30以上で高度な肥満となり、

減量治療を要します。

 

ただし、BMI指数が25以上でも

体系が筋肉質の人は、メタボ体質とは

言えない場合があります。

 

お腹回りが、男性で85㎝、

女性で90㎝を目安に

メタボリックシンドロームに

なりやすいと言われています。

 



 

自分の適正体重を知りメタボ体質を脱却して、生活習慣病を予防しよう

メタボ体質は万病の元

 

メタボ体質は生活習慣病になるリスクが

高くなり、万病の元です。

いろいろなダイエット方法がありますが、

体に負担を掛けないで、無理のない程度に

少しずつゆっくりとやりましょう。

 

近年は、ダイエットブームで

若い女性のダイエットが

流行っていますが、

極度のダイエットは要注意です。

 

メタボ体質の方がダイエットをするのは

結構ですが、標準体重の方がダイエットに

励むのは、危険です。

 

自分が今どの位置にいるのかを知って、

必要以上にダイエットをするのは

避けましょう。

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す