生活お役立ちサイト

生活お役立ちサイト

暮らしに役立つ気になる情報を紹介いたします。

生活お役立ちサイト
Pocket
LINEで送る

星野仙一さんが、昨年末に膵臓(すいぞう)がんで死去されました

2018年01月08日 [ 急性膵炎 星野仙一 膵臓がん ]
Pocket
LINEで送る

東スポより

 

星野仙一さんと言えば、

野球に興味が無い人でも

知らない人はいないほど

有名な方です。

 

2008年北京五輪で

日本代表監督を務められました。

 

楽天の星野仙一球団副会長が
4日午前5時25分に死去した。
70歳だった。6日、楽天が発表。

 楽天の発表によると、星野氏は16年7月に急性膵炎(すいえん)を発症したことをきっかけに膵臓(すいぞう)がんであることが判明。その後、体調に波があったものの仕事に支障を来すことなく過ごしていた。昨年12月に行われた野球殿堂入りを祝うパーティーでは元気な姿を見せていたが、昨年12月末から病状が悪化した。

最期は昼寝でもしているかのような安らかな表情で、家族にみとられて旅立ったという。故人の遺志に従い、葬儀は密葬で執り行われる。後日、お別れの会が開かれる。

◆星野仙一(ほしの・せんいち)1947年(昭22)1月22日、岡山県生まれ。倉敷商から明大を経て68年ドラフト1位で中日入団。中日一筋でプレーし「燃える男」と呼ばれた。82年引退まで通算500試合に登板し146勝121敗34セーブ、防御率3・60。「巨人キラー」として巨人から35勝を挙げた。74年最多セーブ、沢村賞。87年に中日監督に就任。中日で88、99年、阪神で03年に優勝。史上初めてセ2球団を優勝へ導いた。

04年に阪神シニアディレクター就任。08年北京五輪で日本代表監督(4位)。11~14年は楽天監督。13年に球団初の日本一。監督通算1181勝は歴代10位。03、13年正力賞。現楽天球団副会長を務めていた。17年野球殿堂入り。現役時代は180センチ、80キロ、右投げ右打ち。

 

日刊スポーツ

 



 

星野仙一さんが、昨年末に膵臓(すいぞう)がんで死去されました

膵臓がんとは

 

膵臓がんとはどのような癌でしょうか。

膵臓は、胃の裏側にある臓器で、

食物の消化を助ける

膵液の産生(外分泌機能)と、

血糖値の調節などをする

ホルモン(インスリンなど)の

産生(内分泌機能)です。

 

膵臓がんの症状
膵臓は、胃の後ろの体の深部に位置していることから、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。
膵臓がんの初期には症状は出にくく、進行してくると、腹痛、食欲不振、腹部膨満感(すぐにお腹がいっぱいになる)、黄疸(おうだん)、腰や背中の痛みなどを発症します。その他、糖尿病を発症することもあります。
ただし、これらの症状は、膵臓がん以外の理由でも起こることがあり、膵臓がんであっても、症状が起こらないことがあります。

発生要因
膵臓がんのリスク因子としては、慢性膵炎や糖尿病にかかっていること、血縁のある家族内に膵臓がんになった人がいること、肥満、喫煙などがあります。

予防と検診
日本人を対象とした研究結果から定められた、科学的根拠に基づいた「日本人のためのがん予防法」では、禁煙、節度のある飲酒、バランスの良い食事、身体活動、適正な体形、感染予防ががんの予防に効果的といわれています。

国立がん研究センター癌情報サービスより参照

 



 

星野仙一さんが、昨年末に膵臓(すいぞう)がんで死去されました

まとめ

 

一般のがん全てに言える事ですが、

禁煙と食生活(バランスの良い食事)を

することが重要です。

 

がんは免疫力の低下によって

発生します。

高齢化に伴い免疫力も

低下してきますので、

あまりきつい仕事や

精神的に追い込むのは

良くありません。

 

毎日をあくせくしないで、

ゆとりを持って、

出来るだけ気楽に過ごすのが

大切です。

 

癌の発病原因と予防方法について

癌の発病原因と予防法や対処方法!日本人の重大疾患から命を守ろう①

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す